帯状疱疹後の痛み、後遺症は個人差があります。
つらい痛みとのお付き合いには精神的も苦痛になります。
DSC04935益腎蠲痺(えきじんけんぴ)理論シンポジューム出席!!
急性期と病程が長い慢性期では治則が異なります。
急性期は灼熱痛(去毒)・血流改善(活血)・経絡詰りの痛み(通絡止痛)
さらに久病は「久病必虚」の原則があり、滋陰・養血(栄養パワー)
精神的に弱くなっている方には「逍遥丸」の併用などの組み合わせがあります。
易しい説明で御相談を受け付けております。漢方の力をご利用ください。