春の風物詩の一つである“菜の花”は旬の緑黄野菜です。
抗ストレスホルモンを生成する時に必要になるビタミンCが豊富。
菜の花の特徴である「苦味」には気の熱を冷ましイライラを鎮める役割があります。
また、「辛味」は気の滞りを改善して気血の巡りがよくなります。
旬野菜で春の心ケアをしませんか。
img625
自然界はこの頃から天気も安定し、この時季の長雨は、
菜の花が咲く頃に降ることから、
別名「菜種梅雨」と呼ばれるそうです。
桜の花の香りと菜の花の力をいただいて心ケアをしましょう。