薬膳学習の定例会を11月27日(日)に開催しました。
会場はいつもの「和風喫茶 手風琴」のお店です。
5年間続けてきましたが、今回で第28回の学習となります。
今年の最終開催日とあってか、店内は満員となりました。
和気あいあいとした雰囲気のなか“食べて:学ぶ”を堪能できたと思います。
学習のテーマ「晩秋の漢方養生・感冒対策」・・・22名参加(美女&黒3名)。
6-3(主食:百合根と銀杏の実の玄米飯)
百合&銀杏には肺を潤す働きがあります。玄米は「氣」の働きの源です。
6-4(棗・えび・黒きくらげ・韭)
健脾・補腎の主菜
6-2(白菜のふわふわ汁)
枸杞の実が女性を喜ばせました・・・?
6-5副菜には鮭とカボチャの重ね焼きです。
6-1食後にしっかりと学習?の様子。
晩秋の乾燥から旬の食材で潤いをキープする。
肺気を高めることで風邪予防になることなど・・・など!
2017の薬膳計画は1月8日(日)を新年を迎えて感謝の学習会にしたいと考えています。
申し込みは早めにお願いいたします。・・・先着20名様です。
デザートもありました^^林檎と棗のシロップ煮&豆腐とチーズのケーキです。
お茶はイスクラ金花黒茶を頂きました・・・(^∇^)ノ

Source: Blog